EDIT BASE 利用規約

第1章 総則

第1条(目的)
本規約は、合同会社DRAMATIC BASIC(以下「弊社」といいます。)が運営するローカルインフルエンサー事業EDIT BASE(以下「本サービス」といいます。)について、会員が遵守すべき事項及び利用条件を定めるものです。


第2条(定義)
本規約で使用される次の各号に掲げられた用語の定義は、当該各号のとおりとします。
1.「本サービス」
本サイトおよび本サイトを通じて弊社が提供するインフルエンサーPRのマッチングサービス。
2.「地域密着型インフルエンサーPR」
地域密着性を活かした近い関係性の世間に与える影響力の強い人物を商材の宣伝に活用することにより、商材の売上を伸ばそうとするPR手法。
3.「ローカルインフルエンサー」
本サイト上で所定の会員登録手続きを実施し、自らのアカウントを用いて本サービスを利用することができ、弊社のチェックにて認証された者。インスタグラム、Twitter、TikTokなどのソーシャルネットワークサービス(以下「SNS」といいます。)の利用者であり、本サービスを通じてクライアントからPR投稿業務を受注することができる立場の会員。
4.「加盟団体」
本サービスを通じてローカルインフルエンサーに対してPR投稿業務を発注することができる立場の法人格もしくは個人事業主の会員。
5.「会員情報」
会員が弊社に提供した氏名、住所、電話番号などのすべての情報。
6.「案件」
クライアントが本サービスを利用してローカルインフルエンサーPRを実施する個別の案件。
7.「商材」
案件において宣伝の対象とする店舗、商品、サービス、イベントなど全て。
8.「PR投稿」
ローカルインフルエンサーがSNSに投稿する商材の宣伝に関する投稿。

第3条(包括的同意)
会員は、本規約で定められている各条項について、包括的に同意したものとみなします。


第4条(本サービスの概要)
本サービスは、SNSを活用して地域を中心とした情報発信をする地域住民をローカルインフルエンサーとして任命し、彼らによる商材および情報のPRを希望する企業と、当該商材のPRに適したローカルインフルエンサーとをマッチングしてPR支援することを目的としたウェブサービスです。


第5条(本規約の適用)
本規約は、本サービスの提供条件および本サービスの利用方法などに関する弊社とローカルインフルエンサーと加盟団体間の権利義務関係を定めるとします。


第6条(本規約の改定)
1.弊社は、いつでも本規約の内容の全部または一部を変更することができる。
2.会員は、都度本規約の変更の有無を必ず確認しなければなりません。
3.弊社は、本規約の変更によって会員に損害が生じた場合であっても、会員に対し一切の責任を負わないものとする。


第2章 会員登録

第7条(会員登録手続)
1.会員になることを希望する者、ローカルインフルエンサーおよび加盟団体(以下「会員希望者」といいます。)は、本サービス内で所定の登録手続きを実施することにより会員になることができます。
2.会員登録手続きは、会員希望者である本人(法人の場合は対外的な契約権限を有する者)が行わなければならないものとします。
3.会員になる資格および条件は、次の各号のとおりとします。但し、法人の場合第1号および第2号は適用されません。

 1)満18歳以上であること。
 2)未成年である場合、会員となること及び本規約に従って本サービスを利用することについて、親権者から包括的な同意を得ていること。
 3)すでに会員となっていないこと。
 4)過去および現在について、以下のいずれにも該当していないこと。
   ア 暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋など、社会運動など標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団などその他これらに準する者(以下総称して「暴力団員など」といいます。)
   イ 暴力団員などが経営を支配していると認められる者。
   ウ 暴力団員などが経営に実質的に関与していると認められる者。
   エ 自己もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員などを利用していると認められる者。
   オ 暴力団員などに対して資金等を提供し、または便宜を供与する等の関与をしていると認められる者。
   カ 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員などと社会的に非難されるべき関係を有する者。
 5)弊社と競合する事業を営む者でないこと。
 6)その他、弊社を定める審査基準を満たすこと。


第8条(情報の正確性)
1.ローカルインフルエンサー希望者は、弊社に対し、会員登録手続きの過程を経て提供する全ての情報が真実であることを表明し、保証します。また、提供された情報に誤りがあったことによって弊社または第三者に損害が生じた場合、情報提供者である会員が一切の責任を負うものとします。
2.会員は、弊社に提供した情報の内容に変更が生じた場合、本サービス内で所定の手続きを実施し、ただちに最新情報を2ケ月以内に弊社に提供しなければなりません。また、最新情報の提供を怠ったことによって弊社または第三者に損害が生じた場合、最新情報の提供を怠った会員が一切の責任を負うものとします。


第3章 案件の実施

第9条(案件の依頼)
加盟団体は、案件における依頼条件(PR投稿の対象とする商材の概要、PR投稿で使用する写真、テキスト、PR投稿の投稿期間、報酬など)を提案していただくことが可能です。


第10条(登録が禁止される案件および依頼業務)
加盟団体は、次の各号のいずれかに該当する依頼案件をローカルインフルエンサーへ提案をしてはいけません。
1.健康に悪影響を与える恐れがある商材のPR投稿を委託するもの。
2.他者を誹謗中傷する内容のPR投稿業務を委託するもの。
3.暴力、賭博、違法薬物、売春などを助長する恐れがあるPR投稿を委託するもの。
4.わいせつな商材のPR投稿を委託するもの。
5.わいせつな表現が含まれる内容のPR投稿を委託するもの。
6.風俗産業へのスカウトを目的としたPR投稿を委託するもの。
7.無限連鎖講、マルチ商法等に関するPR投稿を委託するもの。
8.政治、宗教における特定の思想または信条を広報することを目的としたPR投稿を委託するもの。
9.ローカルインフルエンサーの個人情報を収集することを目的としたPR投稿を委託するもの。
10.弊社の提供するサービスに競合する商材のPR投稿を委託するもの。
11.消費者に広告、宣伝と気づかせない方法でPR投稿を委託するもの。
12.法令または公序良俗に反する内容のPR投稿を委託するもの。
13.社会通念に照らして不適切と判断される商材、内容のPR投稿を委託するもの。


第11条(知的財産権に関する表明保証等)
1.加盟団体は、弊社に対し、登録する際に使用するテキストなどが第三者の権利を侵害するものではないことを表明します。また、表明が事実でなかったことによって弊社が損害を被った場合、加盟団体は、弊社に対しその損害を賠償しなければならないものとします。
2.加盟団体は、弊社に対し、弊社が本サービスの宣伝、広告などを実施するにあたり、加盟団体の商号、屋号、商標などを無償・無期限で使用する権利を許諾し、弊社による当該使用に対して著作者人格権を行使しないものとします。


第12条(案件の成立)
1.案件の契約が成立した場合、弊社から加盟団体に対しローカルインフルエンサーの会員情報を提供するものとします。なお、ローカルインフルエンサーに認定された時点で会員情報の提供に同意したものとみなします。


第13条(案件の遂行)
1.案件遂行の当事者は、相手方の立場を尊重し、相互に協力することにより、円滑な案件の遂行の実現に努めるものとします。
2.加盟団体は案件の遂行において定められた期間内にローカルインフルエンサーによるPR投稿に必要となる準備行為を実施するものとし、当事者であるローカルインフルエンサーは案件の遂行において定められた期間内にPR投稿を実施するものとします。
3.ローカルインフルエンサーは、PR投稿を実施後、弊社に直ちに投稿内容を報告するものとします。
4.案件の遂行にあたり、加盟団体およびローカルインフルエンサーは、投稿の修正指示などは弊社を通じて連絡を取り合うものとし、正当な理由のない限り、電話・メール・ライン・SNSなどの方法を用いて連絡を取り合ってはならないものとします。


第14条(投稿の修正・削除)
1.加盟団体は、ローカルインフルエンサーが実施したPR投稿における投稿内容の修正を希望する場合は、弊社を通じて修正を依頼することができます。但し、修正依頼の内容は、依頼案件の内容と大きく変わらないものでなければなりません。
2.ローカルインフルエンサーは、前項に基づく修正依頼を受けた場合、速やかに投稿内容の修正を行うものとします。ただし、修正を拒否する正当な理由がある場合はこの限りではありません。
3.加盟団体は、ローカルインフルエンサーによるPR投稿の実施後、いつでもPR投稿の削除を依頼することができます。
4.ローカルインフルエンサーは、前項に基づく削除依頼を受けた場合、速やかに投稿内容の削除を行うものとします。ただし、修正を拒否する正当な理由がある場合はこの限りではありません。
5.前項に基づきローカルインフルエンサーが投稿を削除した場合であっても、案件遂行の際に発生したサンプル商材の費用などの返金はいたしかねます。


第15条(ローカルインフルエンサーの義務)
ローカルインフルエンサーは、案件の遂行にあたり、次の各号に掲げられた行為をしてはならないものとします。
1.ローカルインフルエンサーで活動中にPR投稿を第三者が閲覧できないようにする行為(PR投稿の削除、PR投稿の閲覧制限、SNSアカウントの削除など)
2.PR投稿の実施にあたり投稿内にPRである旨の記載をしない行為。
3.弊社からの連絡に対し48時間以内に返信を行わない行為。
4.PR投稿の実施にあたり、弊社の著作権等の知的財産権を侵害する行為。
5.案件遂行にあたる条件に違反する行為。


第16条(案件の遂行における法令の遵守等)
1.案件遂行における当事者は、民法、商法、景品表示法、独占禁止法、不正競争防止法、下請代金支払遅延等防止法その他一切の法令を遵守しなければなりません。
2.案件遂行における当事者は、相手方に対し、次の各号に掲げる行為のいずれも行ってはならないものとします。
 1)法的な責任を超えた不当な要求行為。
 2)脅迫的または暴力的な言動。
 3)相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害・または類似する行為。
 4)その他、前各号に準じる行為。


第17条(案件の遂行における解約等)
1.案件遂行における当事者は、案件期間中は相手方の同意を得ない限り案件の解約をすることはできません。
2.案件遂行における当事者は、相手方が案件期間中における依頼条件などに違反した場合は案件の解除をすることができるものとします。


第18条(PR投稿に関する知的財産権等)
1.ローカルインフルエンサーが実施したPR投稿に含まれる著作権等の知的財産権は、当該ローカルインフルエンサーらに帰属するものとします。
2.加盟団体は、自社のホームページ、ブログ等の媒体においてローカルインフルエンサーが実施したPR投稿を利用する場合、著作権法第32条の定める条件を遵守して利用しなければなりません。但し、当該PR投稿を実施したローカルインフルエンサーから事前の許諾を得ている場合はこの限りではありません。
3.弊社は、ローカルインフルエンサーが実施するPR投稿に含まれる著作権等の知的財産権について、加盟団体に対し何らかの保証をするものではありません。また、ローカルインフルエンサーが実施するPR投稿に含まれる著作権等の知的財産権に関する紛争が発生した場合であっても、弊社は一切の責任を負わないものとします。


第4章 会員の禁止事項

第19条(弊社を通さない取引の禁止)
会員は、本サービスの会員である間、本サービスを通じて認知した他の会員(退会者を含む)との間でインフルエンサーPRを目的とした取引(これに類似する取引を含む)を行ってはならないものとする。


第20条(一般禁止行為)
ローカルインフルエンサーおよび加盟団体は、次の各号に掲げる行為を行ってはなりません。
1.他者の生命、身体、財産、プライバシー、著作権、商標権その他の権利及び法律上保護される利益を侵害し、又は侵害するおそれのある行為。
2.正当な理由なく本人以外の関係者含む他者の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の情報を第三者に提供する行為。
3.他者を誹謗中傷し、または他社の名誉もしくは信用を毀損する行為。
4.複数のメールアドレス等を用いて重複して会員登録を行う行為。
5.他の会員情報を取得するために会員登録を行う行為。
6.虚偽の情報を用いて会員登録を行う行為。
7.他の会員に対し、広告・宣伝・勧誘などを目的とする連絡をし、または嫌悪感を抱かせる内容の連絡をする行為。
8.他の会員情報を不正に取得する行為。
9.本規約もしくは法令で禁止されている行為を目的とする業務を委託し、または受託する行為。
10.マルチ、ねずみ講、MLMなどの連鎖取引に他者を勧誘することを目的に業務を委託し、または受託する行為。
11.弊社による業務の遂行を妨害し、またはその恐れのある行為。
12.弊社の名誉もしくは信用を侵害し、またはその恐れのある行為。
13.上記各号のほか、社会通念に照らして不適切だと評価される一切の行為。


第21条(秘密情報の取り扱い)

1.会員は、他の会員から秘密であると明示されて開示を受けた情報(以下「秘密情報」といいます。)を厳に秘密として保持し、開示を受けた目的以外には一切使用せず、また、第三者に対して開示又は漏洩してはならないものとします。
2.会員は、次の各号のいずれかに該当することを証明できる情報については、前項に定める義務も負わないものとします。
 1)開示を受けた際に既に公知となっている情報。
 2)開示を受ける際に既に保有していた情報。
 3)開示を受けた後に自己の責めに帰すべからざる事由により公知となった情報。
 4)開示を受けた後に自己の独自の開発により知得した情報。
 5)開示を受けた後に正当な権限を有する第三者から秘密保持の義務を負わずに適法に取得した情報。
 6)会員は、他の会員に対して秘密情報を開示する場合、当該他の会員との間で個別の秘密保持契約を締結するなどの方法により、秘密情報の漏洩等を防ぐ措置を講じることに努めるものとします。


第22条(違反行為等に対する措置)
1.弊社は、会員が本規約又は法令に違反する行為を行ったと判断した場合、当該会員に何らの通知をすることなく、当該会員に対し、登録の削除、業務依頼の解約、その他弊社が必要と判断した一切の措置を講じることができるものとします。
2.弊社は、前項の措置の対象となった会員が当該措置によって損害を被った場合であっても、当該会員に対し、一切の責任を負わないものとします。
3.会員は、本規約又は法令に違反する行為によって弊社に損害(第三者に与えた損害を弊社が補填したことによる弊社の損害を含む。)を与えた場合、弊社に対し、損害賠償責任を負うものとします。
4.弊社は、第1項に基づき会員に対する措置を講じた場合であっても、当該会員に対し、当該措置の対象となった理由を開示する義務を負わないものとします。


第5章 会員資格の喪失

第23条(自主退会)
1.会員は、弊社に退会申請を行うことにより、随時退会をすることができます。但し案件の遂行中である場合については、当事者双方の義務の履行が終了するまでの間、退会の申請を行うことはできません。
2.弊社は、会員から退会申請がなされた場合であっても、退会によって弊社の事務に支障が生じると判断した場合、その支障を除去できるまでの間、退会申請に対する対応を留保することができます。


第24条(強制退会)
1.弊社は、会員が次の各号のいずれかに該当した場合、何らの通知・催告なく、強制的な退会を実施することができます(以下「強制退会」といいます。)。
 1)会員となる資格・条件を満たしていない場合。
 2)会員が弊社に提供していた情報が虚偽であった場合。
 3)本規約、法令又は公序良俗に違反した場合。
 4)案件の円滑な遂行に支障を生じさせた場合。
 5)SNSにおけるフォロワーの人数を不正に増加させていることが判明した場合。
 6)その他、弊社が会員として不適切であると判断した場合。
2.弊社は、前項に基づく強制退会の対象となった会員に損害が発生した場合であっても、当該会員に対し、一切の責任を負わないものとします。
3.弊社は、第1項に基づき会員を強制退会とした場合であっても、当該会員に対し、その理由を開示する義務を負わないものとします。


第25条(準強制退会)
1.弊社は、ローカルアンバサダーの人数を精査し調整する必要が生じた場合、次の各号に掲げる事項を総合的に判断し、本サービスを通じて事前の通知をしたうえで、アクティブユーザーアカウント以外を強制的に退会させることがあります(以下「準強制退会」といいます。)。
 1)本サービスの利用状況
 2)SNSの利用状況
 3)クライアントからの評価
 4)社会一般からの評価
2.弊社は、前項に基づく準強制退会の対象となったローカルインフルエンサーに損害が発生した場合であっても、当該ローカルインフルエンサーに対し、一切の責任を負わないものとします。
3. 弊社は、第1項に基づきローカルインフルエンサーを準強制退会とした場合であっても、当該ローカルインフルエンサーに対し、その理由を開示する義務を負わないものとします。


第26条(連絡方法等)
1.会員は、弊社に対する連絡事項がある場合、ローカルインフルエンサーは公式LINE、加盟団体は電子メールにて弊社に連絡を行うものとします。


第27条(本サービスの中断・停止等)
1.弊社は、次の各号のいずれかに該当する事由が発生した場合、会員に対する事前の通知なく、本サービスの提供を一時的に中断することができるものとします。
 1)弊社設備の保守・点検を行う場合。
 2)弊社設備に障害・不具合が発生した場合。
 3)火災、停電等により本サイトの提供ができなくなった場合。
 4)地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サイトの提供ができなくなった場合。
 5)戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サイトの提供ができなくなった場合
 6)前各号の他、弊社が本サイトの一時的な中断が必要と判断した場合。
2.弊社は、本サービス内で1週間前までに告知することにより、本サービスの提供を停止又は終了することができるものとします。
3.弊社は、前二項の規定に基づく措置によって会員に生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。


第28条(事業譲渡等)
1.弊社が本サービスの運営を含む事業を第三者に譲渡した場合、弊社は、本サービスの運営者たる地位、本規約における当事者としての地位、会員との間における権利義務等を当該事業譲渡の譲受人に譲渡するものとし、会員は、予めこれに同意するものとします。
2.前項の場合において、弊社は、本サービスを通じて弊社が知り得た会員の一切の情報を当該事業譲渡の譲受人に提供することができるものとします。


第29条(免責事項)
弊社は、次の各号に掲げる損害を会員が被った場合であっても、当該会員に対し、一切の責任を負わないものとします。但し、弊社の故意又は重過失が原因である場合、この限りではありません。
 1) 他の会員が本規約又は法令に違反する行為を行ったことによって被った損害。
 2)本サービスの障害・不具合によって被った損害。

 

第30条(会員情報等の取扱い)
本サービスを通じて弊社が知り得た会員の情報(会員情報を含む。)について、弊社は、別途定める「個人情報保護方針(プライバシーポリシー)」に従って取り扱うものとします。


第31条(準拠法・管轄裁判所)
1.本規約は日本法に基づき解釈されるものとします。また、本規約の一部が無効な場合であっても、適用可能な条項については有効なものします。
2.本サービスに関連して紛争が発生した場合、京都地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上


Dramatic Basic

都築紗矢香が主宰するメディアブランド「Dramatic Basic」のコーポレートサイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000